やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
氷柱の決断
2009年 03月 16日 (月) 23:47 | 編集
1年に1回の誕生日になんでもおねだりができるのですね。
そういうルールは初耳ですが、これまでもあったんですね、きっと。

閑話休題、氷柱がずいぶん思い切ったお願いをしてくれました。「『鉄道博物館』に行くこと」をおねだりしたのだそうです。数日前、何にでも反対する氷柱、と次女に切って捨てられた人とはまるで別人のようです。

こんな形で氷柱のほかの家族への思いやりが描かれるとは思いませんでしたが、キャラクター系遊園地を嫌がった麗の救済と駄々っ子に成り下がりつつあった氷柱の株を上げるのに役に立つことでしょう。正直なところ、家族をずらずら連れて行って気を使うより、麗ひとりに長男坊を保護者として付けてもらって「てっぱくへいってらっしゃい」と言ってもらうほうが気楽ですが。

気になるのは鉄道博物館を訪れる際の描写です。ぜひ、それらしい写真1枚を背景にして家族を描いてほしいものです。大宮にある鉄道博物館そのものではまずいのであれば、車両を別なものに差し替えてトゥルー世界仕様にすると大変いいものになると思います。
どうせまともに描かれないならむしろ描いてくれなくていい、という思いもあります。中途半端にありえない絵を描かれるのが最悪です。落しどころとしては霧賀先生イラストを一枚掲載して、本文ではそのことについてはふれないというところかなあと思います。
拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...