やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
LOVE特急うらら 一番町 解説(新たなる恋の序曲(オーヴァチュア) その3)
2009年 02月 23日 (月) 23:58 | 編集
12頁目
マイクロエースのブックケースはA-0443 105系仙石線色4両セットです。もともと仙石線には105系はこの2連2本しか存在せず、廃車後は久里浜と新秋津の訓練車になっています。Nゲージで訓練車を作るならこれをタネ車にするのがストレートな選択かと思います。
壁にかかっているエンブレムは南海電気鉄道の社紋。コーポレートシンボルに取って代わられてぜんぜん表に出てきませんが、今も社紋はこれではないかと思います。
14~15頁目
兄が自分の好きな車両を並べています。583系、クモハ42001と名鉄モ510、泉北高速3000系と並んだこれらは滝尾と柴山の好きな車両です。583系は13両編成ではくつる・はつかりで東北本線を疾駆していた頃からのお気に入り。クモハ42は晩年以外の姿は通り一遍のことしか知らないので001限定。名鉄モ510は名鉄600V区間の終焉のころによく遊んでもらいました。泉北高速3000が好きで、なんで似てる南海電車や東急電車じゃないのかというと、単に泉北ニュータウンに大昔住んでたからです、はい。

つらつらとネタ部分について述べてまいりました。本作についてはこれにて終了です。
拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...