やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
LOVE特急うらら 一番町 解説(ハツコイのヒトは)
2009年 02月 20日 (金) 23:57 | 編集
タイトル:デュークエイセスにほんのうたシリーズの「初恋の人は」(佐賀)から頂きました。
内容:本来の構想では久里浜の105系訓練車が解体されてしょぼくれている麗を励まして、手遅れにならないうちに、と新秋津で105系訓練車を眺める話のつもりでした。
ところが取材に出かけずもたついているうちに新秋津の105系も長野へ運び去られて原構想が破綻してしまい、急遽シナリオを変更する羽目に陥って以降は本のなかがきにも記載したとおりです。
ネタ:このお話はあまり変なものが画面に登場してませんね。めでたいことに。
その他:長男が「もう悲しむのに疲れたよ」というシーン。長男は横軽の廃止や名鉄600V区間の全廃など、つらかった事を思い出してしゃべってます。当初、画面にそういったネタを描くか迷ったのですが、麗には解らないことなので描かないことにしました。どっちが良かったやら。
拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...