やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
12/11の麗の日記
2008年 12月 14日 (日) 03:23 | 編集
麗が日記を書いてくれるたびにいろんな意味でどきどきです。
10日は毒にも薬にもならない内容でほっとしたのですが、11日はまた鉄道ネタ満載で大変結構でございました。

>地下鉄、踏切、車止め、E233。
 そういえば、前の3つは前に言ってましたね。E233系は初出でしょうか。
 E233系と言えば基本番台が中央快速線、1000番台が京浜東北線、3000番台が東海道線中距離電車に投入されているJR東日本の一般型電車。E217系の都合で1編成増備された3000番台はともかく、基本番台は201系をほぼ駆逐し終え、1000番台は猛烈な勢いで209系を引退に追い込んでいます。
 麗が「E233系が105系の敵」と言ってるのは、E233系に京浜東北線を追い出された209系の一部が訓練車に改造され、久里浜と新秋津に置いてあった先代の105系訓練車を廃車に追いやったことを指しているのでしょう。いわゆる玉突き転配の変形版です。間に入った209系をすっとばしてしゃべっているため、ちょっと読んだだけではなんで敵になるのかがわかりませんが。

E233系についての感想は好き嫌いは分かれるものの、かなり的確でポイントを押さえていると思います。
>車体 くたびれた鋼製車の201系や車体に皺のよった209系を見慣れた目にはきれいなことでしょう。
>黒いつり革 かっこいいというか、斬新すぎるというか。
>LCD 1000番台になると16:9に進化してます。はたと考えるとテレビカーと呼ばれる車両よりはるかに多くの液晶モニタを積んでるわけです。
>薄く青い窓ガラス カーテンが省略できて経済的。車内が薄暗くなってしまってどうも好きになれませんが…。
>ローレル賞 通勤車向けの賞というイメージだったのですが、いつの間にか定義があいまいに。
 調べてみると「性能、デザイン、製造企画、運用が優れた新車」だそうで、「機能的に優れていてさすがローレル賞」との麗の言はこれまた的を射た物言いになっています。
>フルカラーLED 中央快速線も京浜東北線も平行路線があり、側面方向幕に次停車駅が表示されているのはかなり親切です。種別表示も色分けされているので遠くからでも何が来ているのかがわかります。まあ、これは私鉄の方向幕などでは昔から簡単に見えていた気もしますが。

そんなことをずっと考えている麗。やっぱり可愛いですね。
一緒にそういう話をしたいものです。
拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...