やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
トゥルー舞台訪問3回目 宿泊編
2011年 09月 18日 (日) 23:08 | 編集
※本記事はOVA応援を目的としておりますが、記事内にアニメ画像を引用しております。不適切な場合は対応いたします。

午前中の法師温泉入浴をめでたく完遂し、本日のお宿宝川温泉汪泉閣へ。建物中うろうろしたものの、どこもかしこも一つとして実物どおりに作画されているところはなかったように感じました。さすが草薙(KUSANAGI)、実在する建物等を利用して風景を再構築のはお手の物、といったところでしょうか。

まずは大手門から。やたら魚眼レンズっぽい作画だな、と思ったのですが実際に屋根中央部が膨らんでいました。
DSC_4604.jpg

VImage055.jpg

玄関部分。
DSC_4618.jpg

VImage058.jpg
アニメでは玄関の右側にある建物が異なっています。
DSC_4627.jpg

VImage075.jpg

玄関を入ったところが帳場となっています。深夜12時過ぎでも電気はつきっ放しでした。一応腰掛けられそうなスペースがあります。
DSC_4679.jpg

DSC_4681.jpg

VImage040.jpg

奥にはロビー兼サロン兼喫茶があります。
DSC_4847.jpg
なんとなくこれに近いかな、という気がします。
VImage071.jpg

吊り橋の正面には本館(旧本館)があります。日帰り入浴でもここは見る事が出来ます。どうも昔はここが正面玄関だったようです。
1109110039.jpg
この絵で玄関の右手に本館(旧新館)、その右手に露天風呂という配置になっていることが分かります。しかし、この配置だとせっかく露天風呂を貸し切っても客室や吊り橋から丸見えですね。
VImage028.jpg

吊り橋はこんな感じです。
DSC_4633.jpg

VImage061.jpg

廊下。宴会場が並んだ廊下も小上がりが続いた造作のところはなく、こんな感じです。どうも汪泉閣ではない場所だったようです。
DSC_4686.jpg

VImage083.jpg

自販機はコカコーラのものがありましたが、廊下の雰囲気はこれまた異なります。
DSC_4632.jpg

VImage091.jpg

正面から撮るとこう。
DSC_4629.jpg

VImage086.jpg
どうでもいいことですが、自動販売機をバックに人物が映っていると、水曜どうでしょうの初期のサイコロの旅などで自動販売機を光源にして夜の撮影を行っていた画面を思い出します。

夕食・朝食とも宴会場で喫食だったのですが、あまりいい写真がありません。少なくともカラオケセットはありませんでした。
さすがにこの絵を見せてこういうオブジェクトがどこかの部屋にありますか?と聞く気にもならず。
VImage036.jpg

客室
第一別館の客室は川側に縁側が存在せず、作中の部屋と似ていません。見た限り本館・東館も照明の形が異なりましたが、東館は部屋に風呂付きなので、それよりは風呂なしの本館の部屋の方が雰囲気が似ているかもしれません。
VImage025.jpg


生の月の輪熊を飼っているだけあって宿のそこここに熊の置物があります。
木彫りの熊
DSC_4781.jpg
木彫りの熊(3頭)
DSC_4775.jpg
立ち上がった熊
DSC_4767.jpg
アニメを見たときはすっかり三熊みたいなものがある気がしていましたが、冷静に考えればこんな愉快なオブジェがあるのも変です。
VImage041.jpg

あとは撮影禁止ゾーンなので写真はありません。公式の温泉紹介ページはこちらです。
子宝の湯の全景はよく似ていますが、実際は脱衣所入り口が1階の1カ所しかないこと、2階脱衣所入り口は実際にはお不動様になっているあたりが異なります。
VImage016.jpg

子宝の湯の2階に似ています。前述のように実際には脱衣所入り口ではありません。
VImage073.jpg

この脱衣所は摩耶の湯のものに似ていますがロッカーが3方向にあったり多少異なります。残念ながら男性には実見する機会がありません。
VImage018.jpg

ホタが踊っているステージは摩訶の湯の小屋掛け部分に似ています。実際には洗い場ではなく湯船が広がっています。
VImage084.jpg

汪泉閣関連はこんなところかと思います。チェックアウトぎりぎりまでたっぷり風呂に漬かってから出かけることにします。
拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。