やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
トゥルー舞台訪問2回目 鉄道編その1
2011年 07月 25日 (月) 23:53 | 編集
※本記事はOVA応援を目的としておりますが、記事内にアニメ画像を引用しております。不適切な場合は対応いたします。

2011年7月23日土曜日、先週に引き続きBabyPrincess 3Dパラダイス0の舞台となっている水上方面に出かけました。

ちなみに、本来の目的はC61 20牽引のSLみなかみ号に乗ることだったのですが、先週水上駅で牽引機D51 498への変更のお知らせを見ておりやる気がググッと下がったところで青春18きっぷを握り締めて出発です。

6時55分の籠原行が出ると高崎方面の次の列車は7時20分の草津1号となります。そうなるとこんな感じの電光掲示板になります。
DSC_2960.jpg
VImage003.jpg
VImage004.jpg
現地に着くまでなんでみんな改札を出てきてるんだろうと勘違いしていたのですが、ちゃんと改札内から見たものでした。よく考えたら「出口」表示があるんだから当然ですね。

さてオープニングに出てくる特急電車ですが、現在のダイヤだと14両編成の草津1号万座・鹿沢口になります。写真は後ろ半分がウソ電になっています。@尾久
DSC_2977.jpg
「現在のダイヤ」と書いたのは、昨年の12月4日ダイヤ改正までは水上1号と草津1号が併結されていたからで、コマ送りで見るとその時期の残滓が見受けられます。
VImage011.jpg
写真は水上4号@水上
DSC_3214.jpg
家族が乗っているのはグリーン車です。
DSC_3226.jpg
VImage010.jpg
普通車とは窓配置が異なるため容易に判別がつきます。なお、OPでは「←進行方向…グリーン車+先頭車><先頭車…」のような順番で映っており、7両編成を2編成つなげた14両編成であることが分かります。ちなみに、この向きで走るのは実際には上野行となります。
車内はこんな感じ。
DSC_3221.jpg
VImage008.jpg
客室扉とか天井とかがちょっと変わっています。

さて尾久で草津1号を撮影し、その後の高崎行普通電車で北へ向かいます。途中で西川口-蕨で跨線橋人乗り出しから線路内人立ち入りが合って高崎着は20分遅れ。

高崎駅にはいろいろ舞台がありそうなので手始めに115系の停まっている6番線へ。
DSC_2995.jpg
VImage0016.jpg
似た雰囲気の跨線橋なのですが、細部が異なっていますし、背景から新幹線が消え、すっきりしています。
DSC_2990.jpg
電車と6番線表示の位置関係はこちらのほうが近いのですが今度は背景の跨線橋が近代的になります。

弁当スタンドは残念ながら在来線ホームには存在しませんでした。「駅弁」の文字からすると改札内コンコースの2号店が近いようなのですが、細部はかなり違います。ひっきりなしに客がおり非常に撮りづらいスポットでした。
DSC_3015.jpg
VImage014.jpg

うどん・そばスタンドは2~4番線ホームにこんな感じ。
DSC_3018.jpg
VImage0018.jpg
残念ながら海老天うどん/そばはメニューでは確認できませんでした。時間があれば腹ごしらえついでにここで食事にするつもりだったのですが抑止による20分のロスが大きく時間切れ。

ここからはSLみなかみ号で水上を目指します。高崎駅では人が多くてげっそりの機関車まわりも沼田駅ではこのとおり。
DSC_3049.jpg

水上に着いたらわき目も振らず転車台ぐるぐるへ。もたもたしていると間に合わないタイミングでD51がやってきます。
DSC_3090.jpg

晴天の元気温も随分高くなっているなか機関車も熱々です。
DSC_3113.jpg

さて舞台探訪に戻ってまずは水上駅前。
VImage024.jpg
駅舎と隣の建物のクーラーの位置をあわせるとこんな感じ。若干見え具合は異なりますがちゃんと跨線橋も見えています。
DSC_3149.jpg

駅舎の角度や駅前のバスの位置などからはこんな感じなのですが駅舎の奥の建物は影に入って見えません。しかも細かいことに背景の建物も変えてあります。
DSC_3133.jpg

くるっと後ろを振り向くとなんとなく雰囲気の似た廃ホテルが。
DSC_3141.jpg

さて続いては115系の車内。
あれ…なんか違くね?
DSC_3166.jpg
VImage015.jpg
115系は4人がけボックスシートが2つあると次はロングシートとドアになっています。海晴姉さんはどこに座ってるんでしょう。
写真は湘南色の高崎車ですが背もたれがなんか立派になっていますし、網棚や照明もなんだか違います。
DSC_3167.jpg
VImage017.jpg
水上には新潟所属の車輛もやってくるのですが、車内を観察しなかったことが悔やまれます。

最後に特定しやすいだろうという跨線橋。
VImage020.jpg
大体こんな感じかなあ……。
DSC_3177.jpg
くずかごはもっと改札口に近い位置にありました。
DSC_3171.jpg
写真では左側は幟で見づらいのですが、改めてレンズを向けても詰め所っぽい建物はありません。
DSC_3179.jpg

時間がたっぷり余ったのでエンディングに映ったバス停の親戚を眺めに行くことにします。
VImage031.jpg
DSC_3189.jpg
正解のバス停はもっと山の中だと思うので今日は探す気はなく、水上駅の次のバス停の写真だけ撮りに。前回の探訪の際に訪れた土合駅前バス停ともども停留所名表示と時刻表が90度の角度で付いています。一番下に地図らしきものがついているのがどこなんだろうといったところです。宝川温泉か宝川入口か…これもどこか改変されていそうです。とりあえず関越交通のバス停であることは間違いなさそうです。

さてここまでいろいろ見てきましたが、どれ一つとして写真そのまんま、というものがありません。どこか変えるように、という縛りでもあったのでしょうか。

帰りはのんびり座りっぱなしのままSLみなかみと快速アーバンを乗り継いで帰京。べびプリカフェで食事をしてから帰宅しました。立夏のアップルパイが売り切れていてメニュー制覇が出来なかったのが残念。再訪を期さねばなりません。

次に舞台訪問というか聖地巡礼に行くのはいつになるやら。日帰りか、それともいよいよ宝川温泉に泊まるのか未定ですがまだまだトゥルーキャンペーン開催中の群馬から目が離せません。

拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...