やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
LOVE特急うらら 2.5 第3回
2009年 12月 24日 (木) 23:59 | 編集
「なるほどね、それで目を白黒させてたのね」
休憩ゾーンでソフトクリームをなめながら麗の説明を聞いたルナは事情を把握してうなずいた。
「つまり、今度一緒に旅行に行く時に、お兄さん、というか彼氏に下着を見られちゃうかもしれない。そんな時、どんな下着を付けていくのがふさわしいか、で悩んでたのね」
「うん、そうなの。これまでこういうこと、考えたことなかったから」
おずおずと「彼氏が出来た」と申告してきたときにも青天の霹靂だったが、あの麗ちゃんが下着を気にするなんてすごい変わりようだ、とルナは思う。そこまで麗が意識を向けている兄とやらに嫉妬を覚えるぐらいだ。趣味という固い絆をもとに心を通わせた2人の話を聞くと、正直その「兄」が、麗が何を着ているかごときで彼女への評価を変えるとは思えなかったが、目一杯おしゃれをしたい女心も痛いほど分かった。
「麗ちゃんはどんな恰好をしたいの?お兄さんならきっとどんな下着でも笑ったりしないと思うわよ。だから、麗ちゃんが一番着たい、と思う恰好が良いと思うの」
「それなら…普通の形のブラジャーが良いかな、と思うんだけど、私ぜんぜん胸ないし」
「大丈夫よ。サイズだっていろいろあるから。じゃあ探しに行きましょ。商店街にちゃんとしたお店があるからそこで見ましょうよ」
「そこまでしてもらっちゃ悪いわ」
「気にしないで。ソフトクリームおごってもらったし、かわいい麗ちゃんの下着姿をお兄さんより先に見せてもらえるなら喜んでお手伝いしたいところなの」
「もう、ルナちゃんたら」

散々試着を繰り返した後、麗はささやかなレースのついた上下揃いのソフトブラとパンツを買った。パンツの方が傷みが早いのは分かるのだがなにしろ最初だ。見た目も重視。予算的にも精一杯のおしゃれ。
「ルナちゃん今日は本当にありがとう」
「こちらこそ。やっぱり麗ちゃんは何を着ても様になってたわ。帰ってきたら旅行の話も聞かせてね」
「うん。もちろん。じゃあね。また明日」
「また明日」

果たして……その時。
「かわいい下着だね。とっても似合ってるよ」
兄から下着をほめられた麗は欣喜雀躍である。ルナちゃんに感謝、そして、誉めてくれた兄に感謝。
「あ、ありがとう」

「あれ、そういえば、麗ブラジャーしてたっけ」
「ええ、ちゃんと前からしてたわよ……」
「日記に何か書いてなかったっけ……」
「ごめんなさい。その……旅行の時に……あなたに見られるかもしれないと思ったから……」
麗はちょっと口ごもった。
「そうか。わざわざ揃えてくれたのか。ありがとう」
そう言って兄は麗を抱きすくめた。
「変じゃないかしら」
「全然。何だか麗が一所懸命おしゃれをしてくれたのが伝わってすごく嬉しいよ」
「うん」
「無理はしないで良いからね。どんな恰好だろうと、麗が一番なんだから」
「うん……」
ルナちゃんの言ったとおりだ、そう思う一方で、精一杯のおしゃれをし、兄に喜んでもらえたことは麗を充分幸せにした。
「誉めてくれてありがとう。私も嬉しい……」
麗はその体を兄に預けた。幸せな2人の時である。

03

LOVE特急うらら 2.5 おわり
                LOVE特急うらら三蟠等へ続く
拍手する
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。