やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
トゥルー舞台訪問3回目その3 旅情編
2011年 09月 19日 (月) 21:50 | 編集
さて、最後は吹割の滝です。沼田から尾瀬に向かう国道沿いのこの滝もトゥルー舞台っぽいので訪問します。

上流側の遊歩道を降りるとかなり流れが速い横に柵なしで道が続いています。滝壺が見えないのですが、白線で区切って立入禁止とされた場所に踏み込む気もしません。
TRPG風に解説するとこんな感じです。
GM:えーと、岩が広がってるから君の居る場所からは滝壺は見えないね
立夏:近寄れば見えるかなあ
GM:立入禁止区域に入れば見えるかもしれないけど、確実に見えるかはわからない。
立夏:安全そうかな
GM:時折イレギュラーな波のせいか、岩が水に洗われてるね。踏み込むなら1回サイコロ振ってね。1ゾロ振ったら足を滑らせて水中に落ちるからね。
立夏:う
GM:水に落ちても水泳だから…冒険者レベル+でチェックに成功すれば這い上がれるけど流れが速いし着衣水泳だからけっこうペナルティあるよ
立夏:やめとく
GM:行政が設定した立入禁止区域だし、興味本意で入るのは控えた方がいいかもね

まあ、しょぼい写真の言い訳です。
DSC_5060.jpg
アニメの画面では上手に嘘がついてありますが、滝の右側にこんな水面があったらやっぱりCコースが居るあたりも相当流れが速いのではないかと思います。少なくとも吹割の滝の上から飛んだらいくらヒカルでも無事では済まないと思います。
VImage0003.jpg

吹割の滝の下流側へ進むともう一つ滝があります。鱒飛の滝という名前のこの滝はさすがにアニメに描かれたような大瀑布ではありませんが、ボートで突っ込んだら十分死ねそうな高低差とごつごつした形状をしています。
DSC_5089.jpg
VImage090.jpg

2つの滝の間の遊歩道もこの通り柵はなく、横をどんどん水が流れています。ひとたび転落事故が起こったら沼田市は責任を問われてしまうんじゃないかと思います。
DSC_5104.jpg
ボートが流されたと思しき2つの滝の間の急流。
DSC_5070.jpg

吹割の滝近辺の遊歩道にあったトゥルー便所候補2題。
DSC_5150.jpg
DSC_5160.jpg
残念ながら麗が裸足で反復横跳びをしていた便所とは形状が違います。

いろいろ手元にあった群馬スタンプラリーも思っていたほど完遂できませんでしたが日も暮れてきたので昭和村で昭和の湯とかいう日帰り入浴施設(温泉)に入って帰宅。あと1回ひょっとしたらデースティニーな感じで群馬に出かけるかもしれません。
スポンサーサイト
拍手する
トゥルー舞台訪問3回目その2 鉄道編補遺
2011年 09月 19日 (月) 21:36 | 編集
チェックアウトぎりぎりまでたっぷり露天風呂を楽しんで帰路へ。まっすぐ帰る気はさらさらないのでいろいろ寄っていくのですが、とりあえずは舞台訪問鉄道編の補遺です。

まずはバス停から。どうせそのものはないんだろうなあと思いながらもそのあたりのバス停を眺めずにはいられません。
宝川温泉
停留所名表示と時刻表が90度回転した形で取り付けられているのは前回から分かっていたことですが、運行系統図も水上駅-宝川温泉となっていて残念ながら経由地がありません。時刻表は右側が空欄なのは終点のあり方として正しいのですが、記載されている運転本数が足りません。地図はいったいどこから持ってきたのか皆目検討がつきません。
DSC_4862.jpg

宝川入口でもついでに探してみました。
宝川温泉を出てきたバス。
DSC_4908.jpg
水上行。時刻表はかなり似た感じです。
DSC_4913.jpg
DSC_4914.jpg

宝川・湯の小屋行。消されているのはどこ行きだったんでしょうね。
DSC_4921.jpg
VImage031.jpg

土合駅
DSC_4956.jpg
VImage0021.jpg
「どあい」の文字がない以外はそっくりです。階段の端っこの見え具合が少々違いますが、レンズ次第かもしれません。

土合踏切横の鉄橋
DSC_4927.jpg
VImage0022.jpg
柵のサイズがちょっと違いますがほぼ実物どおりです。

そういえば、これだけ「実物丸写しじゃない」ようにしてあるのに水上駅のJRマークはそのままなんですよね、他の作品だとロゴを変えてある物が多いのに。
不思議です。
VImage024.jpg

スタンプラリーの都合で元々寄る予定のなかった農産物販売所に寄ったりスイーツを買ったり、
1109110161.jpg
沼田市内のフロアの半分以上が閉鎖された恐ろしげなショッピングセンターに行ったりしてから
DSC_4963.jpg
次の目的地川場村へ。
まずはスタンプラリーの都合で、「行ってみたい道の駅No.1」の田園プラザ川場へ。広大な敷地に様々な施設や遊具があり、入場無料なのが不思議なぐらいで、これなら評価が高いのも頷けます。
山賊焼き(ソーセージ盛り合わせ)大盛り500円と飲むヨーグルト110円。非常においしくリーズナブルでした。
DSC_5042.jpg

川場村と言えばホテルSL。圧縮空気で稼働するD51は500円で乗車可能。距離は短いですが迫力満点です。
ボイラーやコンプレッサーを使用しないのならば修復整備の必要な箇所はグッと少なくなるはずで、保存のあり方の一つではないかと思います。本家D51 498には及ばないものの大変力を入れておられると感じました。惜しむらくは道の駅のげろ混みに比して客が少ないことで、汽笛が聞こえる都度道の駅でPR放送を流すなど、もっと連携が取られれば良いと思いました。
DSC_5001.jpg

おまけ:スタンプラリーの都合で食べた大吟醸ソフトクリーム@誉国光。アルコール分は飛ばしてあるとのことでドライバーも喫食OK。なかなかおいしかったです。
DSC_5045.jpg
拍手する
トゥルー舞台訪問3回目 宿泊編
2011年 09月 18日 (日) 23:08 | 編集
※本記事はOVA応援を目的としておりますが、記事内にアニメ画像を引用しております。不適切な場合は対応いたします。

午前中の法師温泉入浴をめでたく完遂し、本日のお宿宝川温泉汪泉閣へ。建物中うろうろしたものの、どこもかしこも一つとして実物どおりに作画されているところはなかったように感じました。さすが草薙(KUSANAGI)、実在する建物等を利用して風景を再構築のはお手の物、といったところでしょうか。

まずは大手門から。やたら魚眼レンズっぽい作画だな、と思ったのですが実際に屋根中央部が膨らんでいました。
DSC_4604.jpg

VImage055.jpg

玄関部分。
DSC_4618.jpg

VImage058.jpg
アニメでは玄関の右側にある建物が異なっています。
DSC_4627.jpg

VImage075.jpg

玄関を入ったところが帳場となっています。深夜12時過ぎでも電気はつきっ放しでした。一応腰掛けられそうなスペースがあります。
DSC_4679.jpg

DSC_4681.jpg

VImage040.jpg

奥にはロビー兼サロン兼喫茶があります。
DSC_4847.jpg
なんとなくこれに近いかな、という気がします。
VImage071.jpg

吊り橋の正面には本館(旧本館)があります。日帰り入浴でもここは見る事が出来ます。どうも昔はここが正面玄関だったようです。
1109110039.jpg
この絵で玄関の右手に本館(旧新館)、その右手に露天風呂という配置になっていることが分かります。しかし、この配置だとせっかく露天風呂を貸し切っても客室や吊り橋から丸見えですね。
VImage028.jpg

吊り橋はこんな感じです。
DSC_4633.jpg

VImage061.jpg

廊下。宴会場が並んだ廊下も小上がりが続いた造作のところはなく、こんな感じです。どうも汪泉閣ではない場所だったようです。
DSC_4686.jpg

VImage083.jpg

自販機はコカコーラのものがありましたが、廊下の雰囲気はこれまた異なります。
DSC_4632.jpg

VImage091.jpg

正面から撮るとこう。
DSC_4629.jpg

VImage086.jpg
どうでもいいことですが、自動販売機をバックに人物が映っていると、水曜どうでしょうの初期のサイコロの旅などで自動販売機を光源にして夜の撮影を行っていた画面を思い出します。

夕食・朝食とも宴会場で喫食だったのですが、あまりいい写真がありません。少なくともカラオケセットはありませんでした。
さすがにこの絵を見せてこういうオブジェクトがどこかの部屋にありますか?と聞く気にもならず。
VImage036.jpg

客室
第一別館の客室は川側に縁側が存在せず、作中の部屋と似ていません。見た限り本館・東館も照明の形が異なりましたが、東館は部屋に風呂付きなので、それよりは風呂なしの本館の部屋の方が雰囲気が似ているかもしれません。
VImage025.jpg


生の月の輪熊を飼っているだけあって宿のそこここに熊の置物があります。
木彫りの熊
DSC_4781.jpg
木彫りの熊(3頭)
DSC_4775.jpg
立ち上がった熊
DSC_4767.jpg
アニメを見たときはすっかり三熊みたいなものがある気がしていましたが、冷静に考えればこんな愉快なオブジェがあるのも変です。
VImage041.jpg

あとは撮影禁止ゾーンなので写真はありません。公式の温泉紹介ページはこちらです。
子宝の湯の全景はよく似ていますが、実際は脱衣所入り口が1階の1カ所しかないこと、2階脱衣所入り口は実際にはお不動様になっているあたりが異なります。
VImage016.jpg

子宝の湯の2階に似ています。前述のように実際には脱衣所入り口ではありません。
VImage073.jpg

この脱衣所は摩耶の湯のものに似ていますがロッカーが3方向にあったり多少異なります。残念ながら男性には実見する機会がありません。
VImage018.jpg

ホタが踊っているステージは摩訶の湯の小屋掛け部分に似ています。実際には洗い場ではなく湯船が広がっています。
VImage084.jpg

汪泉閣関連はこんなところかと思います。チェックアウトぎりぎりまでたっぷり風呂に漬かってから出かけることにします。
拍手する
2011年9月10日またも群馬へ
2011年 09月 18日 (日) 22:50 | 編集
今回の目標は宝川温泉なのですがチェックインは14時。それまで何もなしというのも残念なので前哨戦で湯巡りです。

まずはいつものように6時前に関越道の新座本線料金所を通過できるよう出撃。ほどなく三芳PAなのでいつものようにまい泉でロースカツを食べようと思ったらなんと営業時間が7:00~22:00に短縮されています。7月にはちゃんと24時間営業してたのに……。しかも理由が節電、ほう、ならば電力統制が終わったからには営業時間元に戻してくれるんでしょうな。せめて6時からにしてくれないと今後使えないんですけど。
今回はたまたま1時間余裕があったので仮眠を取って7時から朝食。ロースカツ定食880円と朝定食680円。朝定食はおかずが串カツと鮭の切り身。「ロースカツ定食は7~8分お時間かかりますと言われた時はげっそり。それって、朝定食のカツは作り置きってことなんですね……値段からだいたい推測はついていましたが。
気を取り直して一気に赤城高原SAへ。ここでいくつか群馬DC関連のスタンプラリー台紙を手に入れたのが番狂わせのはじまり。まずはみのりの里スタンプラリーとやらのSAの欄にポン。

月夜野ICを降りてすぐに2カ所ほど寄り道。まずは真っ赤に塗られたわ203とサロン・ドわたらせ。
DSC_4518.jpg
DSC_4519.jpg
つぶれて農産物直売所に改装中のパチンコ屋の駐車場においてありますがこの先どうなるんでしょう。

つづいて名胡桃城。真田の支城の縄張りが綺麗に保存復元されています。
DSC_4537.jpg
説明には秀吉の北条攻めのきっかけとなった歴史の転換点のように書かれていましたが、きっと言いがかりをつけるいい材料だっただけなんだと思います。

寄り道の結果、本日前半の目的地法師温泉には1015頃に到着。立ち寄り湯開始の1030まで10人程度の客と一緒に大人しく待ちます。
DSC_4549.jpg

法師温泉と言えば国鉄時代の上原謙と高峰三枝子のフルムーンのCMで有名です。
5分44秒ぐらいから。高峰三枝子が爆乳です。
宿にはポスターも飾ってあります。我々出版部はさすがにまだフルムーンには若干早いのですが……。
DSC_4556.jpg

さて法師の湯は足元湧出温泉ですばらしいものでした。ただ、困ったことに女性のバスタオル巻きでの入浴不可、おまけに女性が浴室に入ろうものなら視線がぐさぐさと突き刺さります。とりあえず浴槽横の脱衣物入れまでバスタオル巻きでやってきて、あとはタオルを使って入浴するのが妥当かと思います。
お湯はピカイチ、万難を排して入浴する価値はありますが、女性一人だと少々厳しいかもしれません。2000~2200は女性専用時間のようですので、宿泊も選択肢かと思います。

続いて少し戻って猿ヶ京温泉へ。まんてん星の湯という日帰り入浴施設に向かいます。
DSC_4563.jpg
お風呂も広々、綺麗ですが塩素臭が漂うのが残念。最近の温浴施設は塩素消毒がきついところも多く、何に入っているのやらわからない気分を味わうことも多々あります。そろそろ入浴施設の選定の時にそういったリスクも勘案しないといけないかもしれません。

上毛高原駅を表敬訪問してSLを眺め、駅そばをすするといよいよ宝川温泉へ向けて出発です。
DSC_4566.jpg

途中、前回訪問時に行列のできていた蕎麦屋があったことに気づきましたが後の祭りです。
拍手する
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。