やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
バレンタインの顛末
2010年 02月 17日 (水) 23:58 | 編集
さて、今年も麗からチョコレートを貰うことが出来ました。
当出版部の推奨するストーリーは後日ご紹介するとして、言及されていた鉄道ネタについて記述することにします。

麗はヘッドマーク付き6000系がどうしたという話をしていますが、これは、このたび8両編成の6000系が引退するのに伴って、かつてのヘッドマークを掲出して運転するというものです。
京王電鉄のHPに詳細が出ています。

本来はこのヘッドマーク付きの列車は13日・14日にも運行されるはずだったのですが、12日に高幡不動車両基地で脱線事故が発生し、6000系が代走に使われたためにヘッドマーク掲出が中止されました。
12日中に掲出中止のお知らせはWEBページに掲載されていたようですが、麗さんは気づかずに出かけたのでしょう。ちなみに、当出版部も出かけるかどうかいろいろ考えた上に天気も悪いしやめとくか、と判断した始末で、掲出中止は露知らず、下手をしたら空振りに仲間入りしていたかもしれません。

さて、この日記、いつ書かれたんでしょうね。もし、脱線事故が起きなければ麗はいったいどんな反応を示したんでしょうね。昨日の出来事で機嫌の良し悪しが描かれるというのは非常に実感的です。つくづく上手に作られたブログだと思います。

そうそう、チョコキャラメルってなんだろうと思って物色したところこんなものがありました。とりあえず、麗がくれたのってこんなのですかねぇ。市販品ってのも残念ですが。

チョコレートキャラメル
スポンサーサイト
拍手する
やっと見つけたMSEのチョコ
2010年 02月 14日 (日) 15:22 | 編集
麗さんからチョコレートをもらいました。一年遅れだけど

MSE
拍手する
阪急7000系の小窓
2010年 02月 13日 (土) 23:33 | 編集
はやたまの趣味に阪急7000系(できればHマーク時代・できれば神戸線)というものがありまして、当出版部には模型がそれなりに転がっております。エコノミーキットから作ろうとした試みは失敗におわりましたが、時間をかけてそろえた塗装済みキットが8両分作りかけで手元にあるほか、このたび発売された完成品もとりあえず入手しました。
いつも作りたくなる編成はトップナンバーなので、手元の塗装済キットも基本4両にC#7000のインレタが貼り付けた状態で数年放ってありました。このたびこのキットを完成させてやろうとキット置き場から引きずり出してきたわけですが、インレタを貼り付けた時期とは異なり、完成品が発売された上そいつも手元にもあるわけで、どうせ7000Fを手元に置くなら完成品ベースのものとしたいわけです。
同じナンバーの車両が2編成あっても仕方ないのでキットのほうは別の編成に替えることにします。

さて、ここで疑問。
小窓とHマークって両立するんでしょうか?
記憶の中では7000系は乗務員室後ろには窓がなくでかでかとHマークが張り付いています。一方で更新後の姿として紹介される阪急7000系は乗務員室後ろに小窓が開いており、新社紋になっています。さらに包帯を巻いたりしている姿は論外ですが、ネットで調べただけでは、新社紋になったのが先か小窓が開いたのが先かがわかりません。
手元の資料は78年・98年のピクトリアル特集号、80年・98年のカラーブックスに私鉄の車両阪急電鉄。
89年のピクトリアル特集号と90年のカラーブックスが手元にありません。これがあるともうちょっと調べ物も楽だったのかもしれませんが。

ウィキペディアによると85年製造の7013Fから小窓を設置となっています。これはカラーブックスの記述とも合致していますが、他の編成に小窓が設置されたのかがわかりません。実際、98年のカラーブックスには新社紋のC#7012がボルスタレス台車をはいた写真が映っていますが、ばっちり小窓のない姿になっています。

で、突破口ですが、同人誌に頼りました。
参考にしたのは「宝塚線企画」様より発行されていた『阪急絵日記』Vol.1~16。社員の方の作成された同人誌なので信用に足る資料と判断しました。
これによると94年夏号に「小窓開け工事進行中!」の記事があり、神戸線では7000~7012、21、30編成が工事対象だがまだ未施工、とあります。94年にはもう新社紋になっていたはずですから、どうやら登場時に小窓のなかった編成は新社紋切り替え時にはまだ小窓が設置されていなかったようです。
C#7021はウィキペディアによると現在も小窓未設置のようですし、C#7030も小窓未設置時代を再現したNゲージを製作された方がおられますのでどうやら登場時小窓ということで良いようです。

さて、ここまで調べて、小窓の開いた塗装済キットにC#7000とHマークのインレタを貼り付けて悦に入っているのではダメなことがわかりました。
では、神戸線8連にするためにはどの編成にすればいいでしょうか?
結局1985年以降に登場した編成なら登場時から小窓が開いていたはずだからそれでよかろうと判断し、C#7013ということにしてインレタを貼り付けました。塗装済キット付属の8連用インレタはC#7000、C#7002、C#7012、C#7014。当初はC#7014にしようかと思いましたが調べると93年当時で宝塚線所属。あきらめて7300系用に大量に含まれている「3」を末尾にしてC#7013としました。妻面のガラス形状とかは気にしていません。
ちなみに7000系8連用インレタは64-6にはC#7002のみ完成品にはC#7007、C#7009、C#7020が含まれていました。C#7020は93年の資料では6連だったようですので、そのままHマーク付き小窓ありの編成に使えるものはありません。

ここまで調べて8両インレタ貼り直すのに1日かかりました。バラ数字は体に良くないです。
あーしんど。
たいした結果ではないのですが、何かの役に立つかもしれないので掲示しておきます。
拍手する
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。