やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
さよなら日本?
2009年 02月 28日 (土) 02:43 | 編集
引き続き本誌09年04月号よりです。
とうとう長女海晴の年齢が明言されました。なんと、18歳だそうです。
こうなると、海晴はどうあっても20人兄妹が乗車できるマイクロバスの運転免許は持てませんので、19人姉妹には日本の交通法規のおよばないトゥルー世界に旅立ってもらうか、「海晴姉さん定員オーバーが警察にばれなくてよかったね」と胸をなでおろしてもらうか2つに1つしかありません。やだなあ。まあ電車は日本そのものなんだし、ここは日本からさよならするのは思いとどまって後者という解釈を取りたいところです。
職業人なんだし、中免持ちの20歳という解釈の余地を残して欲しかったなあ。残念。まあ20歳とか言うと「ババァ結婚してくれ」なんて台詞が飛び交っちゃうのでだめなんでしょうかね。

さて、人気投票結果でトップの人は今回イラストが書き下ろしだったんですが、海晴・観月・星花は何かの懲罰かのごとく通常の立ち絵が掲載されています。探せば他の人と同様使い回しの効きそうな本誌イラストがあると思うのですが……。
拍手する
麗さん2ランクダウン-12票 (第3回人気投票)
2009年 02月 27日 (金) 23:55 | 編集
本誌を買ってきました。人気投票を見るにあたって、08年4月号(第1回)と5月号(第2回)を引っ張り出してきました。

まず、麗ですが、第1回が133票4位だったのが第2回で129票5位、今回は117票7位と順位を落としました。票数で言えばたった12票なんですけどね。5票伸ばして119票獲得の立夏と、大躍進の春風に順位を譲ることに。ちょっと意外です。

概観すると、まず応募総数が第2回から伸びていないのが気がかりです。1722票から1776票とたった54票しか伸びていません。そして上位4人は第2回から変動なし。票数もさして揺らぎがありません。

順位の変動が大きかったのが以下の方々。
春風さんは65票という大幅増で7ランクアップの5位。第1回も79票10位であることを考えると大躍進です。
逆に大きく後退したのがさくらで56票減7ランクダウン13位。
下位に目をやると38票→31票ときたあさひが52票を獲得して5ランクアップ14位。あさひ好きの方はなんとなく多いと感じていたので、感覚にあう順位になった気がします。
そしてびっくりなことに殿をつとめたのは40票→48票から28票と下位陣では致命的な票数減となった星花さん。次号から葉書の書き方見本に星花への愛が語ってあったらどうしましょう。その小雨さんは66票→79票→101票9位(2ランクアップ)と得票数増加の上、磐石の位置に居ます。不人気ゆえの梃入れじゃなかったんですね……。


簡易的な順位変動表は以下のとおりです。
第3回順位 名前 第3回得票数 第2回から第3回の順位変動(↑はアップ、↓はダウン(数字は変動した順位の数)→は第2回同順位)の順に並んでいます。
1位 氷柱 187 →
2位 ヒカル 165 →
3位 吹雪 151 →
4位 蛍 142 →
5位 春風 133 ↑7
6位 立夏 119 ↑1
7位 麗 117 ↓2
8位 綿雪 106 ↑1
9位 小雨 101 ↑2
10位 霙 94 →
11位 海晴 86 ↓3
12位 観月 75 ↑1
13位 さくら 73 ↓7
14位 あさひ 52 ↑5
15位 夕凪 44 ↓1
16位 真璃 37 ↑1
17位 虹子 35 ↓1
18位 青空 31 ↑2
19位 星花 28 ↓4

090227Seika

拍手する
突放家族 解説 その1
2009年 02月 26日 (木) 23:58 | 編集
これまで主に「毒」シリーズとして発行していた4コマ漫画を、BabyPrincess主体に移すにあたって大きく改変したシリーズの1冊目です。両面印刷・ソート・紙折り・中綴じ製本まで一気通貫でこなしてくれるコピー機が身近になくなったこと、「毒」シリーズのパロディ元のある絵柄に限界を感じていたこと、丁度、今後主たる作品製作ジャンルをBabyPrincessに移すタイミングであったこと、以上より、新たに「弊出版部オリジナル絵柄による表紙単色刷オフセット印刷4コマ本」として発行することにしました。
命名は、ちょっと家族の皆さんを突き放した視点で扱う、という意味と、鉄道用語を使おうという点から「突放」という単語を採用し「突放家族」としました。突放は「とっぽう」と読み、貨車の入れ替えに関する用語です。
この1冊目はスケジュール管理体制が崩壊し、本文を鉛筆書きのまま入稿することになってしまいました。弊部の鉛筆描き原稿は非常に汚くお見苦しい限りです。

本作は、第1作ということもあり、自己紹介をネタとした話がメインになっています。また、07年の冬コミにて頒布した毒PrincessのBabyPrincessネタの部分と表紙裏表紙を再録しています。本だけ見ても何を書いてあるのかさっぱりわからない部分が多くあると思いますので、以降解説させていただきたいと思います。
拍手する
19Princess 色紙
2009年 02月 25日 (水) 23:56 | 編集
19Princessの抽選会の賞品に提供した色紙の写しを掲示することにします。

19Princess_shikishi

2/14近傍ということで、バレンタインデーのプレゼントを麗が差し出している図です。
トレインくんクッキーにはブルーベリー味以外にもキャラメル味やミルク味などと並んでチョコレート味があります。現行品ではE231系500番台(山手線)が一番入手しやすかったのでそれを題材としました。
アフターイベントでは、「バレンタインデーにちなんでチョコレート味のトレインくんクッキー」であることが伝わりづらい解説文をつけてしまい、反省しきり。他人に伝わりにくい設定はやっぱりわかりやすく説明しておかないとダメですね。
他人に伝わりづらい設定の絵を描く方はこれからも続けるんですけどね。機会ある毎に鉄道ネタで書き散らさせていただくのが、弊出版部のスタイルでありますので。
拍手する
コミックマーケット76申込
2009年 02月 24日 (火) 23:38 | 編集
気の早い話ですが、次回の夏コミもBaby Princessで申し込みました。
また頒布の機会をいただけると大変ありがたい限りですが…。
普段はあまりやらないサークルカット公開ですが、今回は公約が何もないのでUproadしてみることにします。
最近のコンセプトは「怒ってない麗」です。

C76cut

拍手する
LOVE特急うらら 一番町 解説(新たなる恋の序曲(オーヴァチュア) その3)
2009年 02月 23日 (月) 23:58 | 編集
12頁目
マイクロエースのブックケースはA-0443 105系仙石線色4両セットです。もともと仙石線には105系はこの2連2本しか存在せず、廃車後は久里浜と新秋津の訓練車になっています。Nゲージで訓練車を作るならこれをタネ車にするのがストレートな選択かと思います。
壁にかかっているエンブレムは南海電気鉄道の社紋。コーポレートシンボルに取って代わられてぜんぜん表に出てきませんが、今も社紋はこれではないかと思います。
14~15頁目
兄が自分の好きな車両を並べています。583系、クモハ42001と名鉄モ510、泉北高速3000系と並んだこれらは滝尾と柴山の好きな車両です。583系は13両編成ではくつる・はつかりで東北本線を疾駆していた頃からのお気に入り。クモハ42は晩年以外の姿は通り一遍のことしか知らないので001限定。名鉄モ510は名鉄600V区間の終焉のころによく遊んでもらいました。泉北高速3000が好きで、なんで似てる南海電車や東急電車じゃないのかというと、単に泉北ニュータウンに大昔住んでたからです、はい。

つらつらとネタ部分について述べてまいりました。本作についてはこれにて終了です。
拍手する
LOVE特急うらら 一番町 解説(新たなる恋の序曲(オーヴァチュア) その2)
2009年 02月 22日 (日) 23:56 | 編集
さて、今日も適当な記述が続きます。

9頁目。
北海道に行くなら?:08年08月04日で麗が列挙したのがカシオペア、北斗星、エルム。
カシオペアは全車2人用個室A寝台という超豪華列車。上野寄り最後尾に1室のみあるカシオペアスイート(展望)はどうやったら入手できるのか見当もつかないぐらいのプラチナチケットです。「夢かもしれないけど」というだけのことはあります。車両が1編成しかないため、週3往復の運転であり、さらに検査時期は運休となります。
北斗星は青函トンネル開業と同時に上野-札幌間に登場したブルートレインです。現在は個室A寝台から普通のB寝台までさまざまな種類の寝台が設定されています。特に個室B寝台は1人用も2人用も、通常のB寝台と同料金で狭いとはいえプライベート空間が確保できる大変ありがたい存在です。最大で定期3往復だった時期もありますが、今では定期1往復のみの運転となり、臨時列車も設定されなくなりました。
食堂車はグランシャリオと愛称がつけられ、フランス料理コース(7,800円)が売り物となっています。ディナーはこのコース料理か懐石御御膳(5,500円)のみの予約制です。そのあとパブタイムとして予約なしでも利用できますが、どれも単価は高めです。止むを得ないんですけどね。
エルムというのは多客期に通常の開放B寝台車のみを連ねて上野-札幌間を運行していた寝台特急です。臨時もいつのまにか北斗星91号と名を変え、のちには設定すらなくなり、「エルム」という列車は運転されなくなったのですが、なんとなく廃止された気がしない列車ではあります。ヘッドマークは鉄道博物館のED75にくっついていたりします。
東京-北海道間の鉄道での移動手段を考えたとき、カシオペアや北斗星の個室寝台は魅力的ではあるのですが、列車で渡道できるならばエルムの開放B寝台にひたすらだらだら乗り続けるのであっても決してつまらなくはなく、麗の言う「それはそれでいいと思う」という評価が大変妥当だと思います。
また、兄が「確かに」というべきところで「タシカニ」と表記しています。これは駅務員の注意事項の頭文字を並べたもので、「タブレットよいか、信号よいか、客扱いよいか、荷物扱いよいか」の意味が有ります。この文面ではそんな意味があるわけではないので、単なる言葉遊びです。
拍手する
LOVE特急うらら 一番町 解説(新たなる恋の序曲(オーヴァチュア) その1)
2009年 02月 21日 (土) 23:56 | 編集
タイトル:銀河英雄伝説の映画サブタイトル「新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア)」から。
ネタ:いろいろあるのでまず4頁目。
画面に麗の好物をいくつか:マグカップは08年11月07日に言及のあった京浜急行1000形を描いてみました。中身は抹茶ミルクのつもりです。同じく記載のあったソーダ味のグミキャンディというのは、味覚糖の「ぷっちょ」だと思うのですが、商標名を出すのもはばかられたのでそのまま描いてあります。シャープペンシルはステッドラー。高価なのと廉価なのと2種類あったうち廉価なものです。東急ハンズで入手しました。
営団5000系:麗が08年01月16日に好きだといっていた営団5000系。その大半は東西線でラインカラーの青帯を巻いた姿で活躍していましたが、千代田線にも緑帯の5000系が存在します。本線で活躍していた時期もありますが、現存するのは北綾瀬支線用の3両編成。麗が言及していたアルミ車が東西線から転属しています。東西線の5000系は2007年に引退しているので、「青帯ではないが、5000系を見たいなら綾瀬に行くか?」となるわけです。
このチラシの裏のような話はまだ続きます。
拍手する
LOVE特急うらら 一番町 解説(ハツコイのヒトは)
2009年 02月 20日 (金) 23:57 | 編集
タイトル:デュークエイセスにほんのうたシリーズの「初恋の人は」(佐賀)から頂きました。
内容:本来の構想では久里浜の105系訓練車が解体されてしょぼくれている麗を励まして、手遅れにならないうちに、と新秋津で105系訓練車を眺める話のつもりでした。
ところが取材に出かけずもたついているうちに新秋津の105系も長野へ運び去られて原構想が破綻してしまい、急遽シナリオを変更する羽目に陥って以降は本のなかがきにも記載したとおりです。
ネタ:このお話はあまり変なものが画面に登場してませんね。めでたいことに。
その他:長男が「もう悲しむのに疲れたよ」というシーン。長男は横軽の廃止や名鉄600V区間の全廃など、つらかった事を思い出してしゃべってます。当初、画面にそういったネタを描くか迷ったのですが、麗には解らないことなので描かないことにしました。どっちが良かったやら。
拍手する
LOVE特急うらら 一番町 解説(全体)
2009年 02月 19日 (木) 23:51 | 編集
誌名:「LOVE特急うらら」の元ネタは電車でGO!2のオープニングテーマ「LOVE特急こまち」です。お気に入りの1曲なのですがカラオケにも入らず、データベースにはイメージソングと記載され、と何かと不運な曲であります。
「一番町」は1冊目を表すためにつけたものです。2冊目以降も同じような命名基準で行きます。どういった命名基準かはまだ内緒です。この段階で的確にご指摘いただけたらすごいです。どのくらいすごいかというと、思わず新刊を一冊プレゼントしてしまうぐらい。
表紙:滝尾柴山で作成した初のフルカラーオフセット印刷による表紙です。麗が手にしているのはご存じ105系訓練車。Nゲージサイズのつもりです。カーテンはずいぶん色が濃くなってしまいました。あと、今お世話になっている印刷所は、肌色の赤みが強いようです。次回以降調整する必要がありそうです。
裏表紙は等身を低くした麗の全身像です。今後同じデザインでの裏表紙にするときにはポーズを変えようかと思います。今後使いまわされていたら時間が取れなかったんだとご想像ください。
拍手する
はるか
2009年 02月 18日 (水) 23:51 | 編集
春風3号とはなんなのか、前回くだくだと書いたにもかかわらず一本ネタ漫画を描いてしまいました。
クリックで大きくなります。
expressHaruka
拍手する
枕木チョコ
2009年 02月 17日 (火) 23:57 | 編集
先日のバレンタインまんがを描いた後、そういえば枕木チョコってどこかで食べたことがあるような気がして、記憶を頼りに調べてみたところ、六花亭で販売されていました。
六花亭オンラインショップ「まくら木(16個入)」
「中札内美術村の柏林を抜ける、まくら木製の遊歩道を生チョコレート(クリームミルク味)で表現しました」ということなので、麗さんが好きそうな現役の枕木をモチーフにしたチョコレートではないようですが、まあ枕木の形をしたチョコレートも市販されているということで。
拍手する
春一番
2009年 02月 16日 (月) 22:32 | 編集
解ける雪もなければ土筆の子も見えないのですが、2/13に春一番吹きましたね。
把握している限りでは、京葉線が快速運転をとりやめて新木場-葛西臨海公園と市川塩浜-二俣新町(後者はうろ覚え)で徐行をやっていたようです。面白いことに武蔵野線直通列車は通過運転をしていたようですが。

麗さん、ハグしたら死んじゃうんだそうです。あまり軽々しく死ぬと言ってほしくないんですけどね。
立夏の観察としては大変的確だと思います。さすが同室。

春風2号が誰なのかは考えてもよくわからなかったのですが、コメント欄を閲覧する限りみなさん特定されていないようなのでこれ以上の思考実験はやめます。
今思いついたのですが、2号は上りの京都行なので除外して下り列車のみに絞り、1号の次は3号(いずれも関西空港行)という解釈はどうでしょうか。でも、第1春風・第2春風という言い方と春風1号・春風2号という言い方はあっても、第1号・第2号という言い回しは記憶にないんですよね、残念。
拍手する
MSEのチョコ
2009年 02月 14日 (土) 18:46 | 編集
麗からロマンスカーチョコMSEをもらいました。
ずいぶん激しくお怒りでしたが、立夏に抱きつかれたときは素直にありがたく思ったのだから、怒られて当然なのかもしれません。反省します。

さてこの品物、早速調べてみると小田急百貨店新宿店にて2/4~2/14の間のみ500個限定販売とのことで、大変貴重なチョコレートだったようです。来年の再販を待たねばいけませんね。
当出版部、麗っぽいものをいろいろと追いかけてはいるのですが、今回のこれはかなり難易度が高いですね。そういえば、電車マーブルチョコもまだ入手してないな……。
拍手する
バレンタインデー
2009年 02月 14日 (土) 17:45 | 編集
バレンタインデーです。公式ではまた連続更新になってますね。
麗とのバレンタインデーを描いてみました。
クリックで大きくなります。
chocolate01
chocolate02
これまで説明がすっかり抜けていた気がするのでこれを機に記載しておきますと、弊出版部で描いております長男坊、2種類ございます。
眼鏡を掛けた髪の短い長男坊は鉄道マニアです。主に麗と絡む場面で出て参ります(webでは2/4付の4コマ漫画が該当)。
普通の漫画には趣味的な色の付いていない長めの髪の長男坊が登場しております。
主人公に色が付いていることに違和感を覚える方もおられるかもしれませんが、どうぞご了承くださいませ。
拍手する
19Princess:結果
2009年 02月 11日 (水) 22:16 | 編集
本日は19Princessにて当サークルへも多くの方へお運びいただきましてありがとうございました。
11時に準備が間に合わず頒布開始が遅れる等ばたばた致しましてご迷惑をおかけしました。
午後のシールラリーにおきましては麗を担当させていただき大変ありがたく過ごさせていただきました。シールラリーにあわせてペーパーを配らせていただく予定だったのですが、一部配布がうまくいかなかった面があり、こちらも不手際と相成り申し訳ありません。
本日頒布開始を予定しておりました「突放家族3」も無事発行することができました。こちらにつきましては当面頒布を続けますので、本日お越しいただけなかった方も他イベントにてお手にとっていただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。
拍手する
19Princess頒布物ご案内
2009年 02月 09日 (月) 23:50 | 編集
開催日2/11が迫ってまいりました19Princessの頒布物についてお知らせいたします。
配置場所はちゅーりっぷ組-20「やまのゆ出版部」です。

新刊は1/31にご紹介いたしました「突放家族3」B5オフセット印刷本文16P、頒布価格200円となります。
Baby Princessギャグまんが本です。

その他の頒布物は
・「突放家族」B5オフセット印刷本文20P 頒布価格200円
Baby Princessオールキャラギャグまんが本です。19人全員出ています。
2008年10月、True my Familyにて頒布開始(在庫僅少)
・「突放家族2」B5オフセット印刷本文16P 頒布価格200円
Baby Princessオールキャラギャグまんが本です。表紙は藤色ですが内容はピンク色です。
2008年12月、コミックマーケット75にて頒布開始
・「LOVE特急うらら 一番町」B5オフセット印刷表紙フルカラー本文32P 頒布価格400円
Baby Princess麗中心ストーリー漫画です。
2008年12月、コミックマーケット75にて頒布開始
・「毒~総集編~」B5オフセット印刷本文112P 頒布価格500円
2008年8月、コミックマーケット74にて頒布開始
シスプリ+毒天使のしっぽ4コマギャグマンガの総集編です。
他在庫少数となります。

サークルカットに掲載いたしました「真鉄子の旅」は都合により5月発行予定とさせていただきます。

また、イベント企画の「19姉妹シールラリー」にて、麗の担当をさせていただくことになりました。当日はよろしくお願いいたします。
拍手する
マイクロエース新製品に寄せて
2009年 02月 04日 (水) 00:51 | 編集
京急1000形が当出版部にやってきました。これまで特に京急電車には興味を払っていなかった当出版部なのですが、麗さんがあんなことをブログに書くものですから、急遽物欲リストに掲載されました。おりしもマイクロエースから発売されるとの由、早速予約しておいたものが発売になり、先般引き取ってきました。新潟色も阪急電車みたいな色のギャラリー号も馴染みがないので通常の赤に白帯の4両編成です。
今回発売された密連付の姿は末期を表現しているとのこと、カタログの写真やブックケースのイラストを見るとなんだか赤が暗いのですが、模型そのものはそんなに違和感のある色ではありません。カタログ写真の上では明らかにこれまでの製品と色合いが違うので、これまでに販売された新製冷房車8連、冷改車8連、非冷房車6連などと並べると色が違うのかもしれません。次に再生産されるときには千葉急行あたりが出てくるのでしょうか。そうするとこれまた麗の好きな「青や緑」のうち、貴重な青い電車ということになるのですが。
もう一つの製品については以下のとおり。
クリックで大きくなります。
Eidan5000_01
拍手する
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...