やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
19princess新刊
2009年 01月 31日 (土) 01:36 | 編集
2/11に綿商会館4Fにて開催される19princessの新刊を入稿いたしました。

やまのゆ出版部Vol.32「突放家族3」B5オフセット印刷本文16Pです。
べびプリオールキャラギャグまんが本です。
以下の画像は表紙と本文サンプルです。

Toppou3
Toppou3mihon01
Toppou3mihon02
なお、配置場所はちゅーりっぷ組-20「やまのゆ出版部」となっております。
その他の詳細はのちほどお知らせいたします。
スポンサーサイト
拍手する
まずは一息
2009年 01月 26日 (月) 23:59 | 編集
短期間の間にいろいろ考えたものの、とりあえず麗さんの発言が許容範囲内でよかったです。
前に挙げた4形態のうちでは不可に分類される記述だったものの、意外にすっと腹に入る内容でした。
麗に感謝だの謝罪だのは苦手だと言われると、まあ微塵もその素振りが感じられないこれまでの記述もそういう裏があったんだろうなあ、と説得されてしまった気がします。
これで変則連続更新もなくなることでしょう。今後は素直になった麗さんの取っておきの鉄道話を期待することにいたしましょう。

今回の話、ヒカルをN700系に例えるのはちょっと安直ですかね。誰でも答えられそうな車種です。
とはいえ、確かにまっすぐで強いイメージとなると、普段麗が好んでいる通勤電車では力不足であり、機関車か新幹線にお出まし願いたいところです。500系やE2系でなくN700というところがちょっと奇をてらわなさすぎで残念。個人的にもあまりいい印象のない車両ですし。
拍手する
居ても立ってもいられない
2009年 01月 26日 (月) 15:01 | 編集
海晴姉さんはどうして麗にああも絡むんでしょうね。彼女がどういった少女時代を過ごしたのかは今回検討が追いつきませんでしたが、今回こんなに喧嘩がこじれている原因等を分析してみました。
経緯を追うと、今回麗が日記の廃止を提案したことに対して「横着するならやめてしまえ」という趣旨の発言を海晴が行い、それに呼応して麗が「日記を降りる」旨の発言をした、というところのようです。そして、海晴の日記によると、上の発言の真意は「鉄道以外にも目を向けよ。素直な愛情表現を学べ」だということであり、自分は悪くないのだという弁解が書かれています。霙やヒカルをはじめとしてみんながこの喧嘩の収束を願っていろいろな活動を行った結果、麗が謝罪の言葉を日記に記載したところまで進んでいます。
さて、海晴の真意は上のとおり日記にかかれていたのですが、冷静にやりとりを追うとまさに売り言葉に買い言葉になっています。日記の廃止提案をしたところ、「横着するなら止めてしまいなさい」といわれて、実は「鉄道以外にも目を向けよ。素直な愛情用言を学べ」という意図であった、といわれても、さすがにそれを汲み取るのは無理ではないかと思います。麗は家族を大切に思う気持ちは持っていたかもしれませんが、それを日記に書きたいという気持ちはもっていなさそうですので、「じゃあやめた」となるのは至極あたりまえの反応ではないでしょうか。「実は日記を書きたいんだ」という気持ちを持っている相手にならば「じゃあやめちまえ」と言えば「いやそれほど極端な提案ではなく今後とも日記は書かせていただきたく」とすり寄ってくるかもしれませんが、もともと面倒事ぐらいにしか受け止めていない麗にそう言ってみたところで渡りに船とばかりに「ではやめます」となって終わってしまうのは最初から自明の理です。
麗を許すの許さないのという言葉もありましたが、今回は海晴の対応ミスのような気がしますね。
麗なんか悪いことしましたっけ。日記の廃止の提案が許されないということかもしれませんが、「じゃあやめろ」「はいやめます」との応酬のあとで「やめるなんて言ってごめんなさい」と言うべきである、という論はずいぶん無茶な気がします。その前に海晴が、「じゃあやめろ」と本心と異なる内容の発言をしたことを詫びるべきではないかと。
麗に家族を大切に思う気持ちを日記に書かせたいならストレートに諭すのが一番だと思うんですがね。鉄道以外にも目を向けよ、というのは趣味の話が混じってくるので歯向かうかもしれないですが、家族を大切にせよ、という道徳的に正しい訓話なら素直に受け入れる気がします。
今回の騒動、整理をすすめてもどうも腑に落ちない点がクリアになりません。まあ、結論までもう時間は殆どないので考察を重ねられるのもあと少しです。せっかくなのでクダを巻いておきます。

あなたは家族なんだから大切に思っていないわけじゃないんです、ぐらいの趣旨の日記に留めてもらえれば、それほど人格改造にもならなくてありがたい限りです。
拍手する
明日の日記が気になってしょうがない
2009年 01月 25日 (日) 23:50 | 編集
麗の明日の日記がどうしても気になります。
なんとなく予想してみると

優 :日記を抜けると言ったことを謝罪して後は鉄道マニア話

良 :日記を抜けると言ったことを謝罪して、家族として受け入れることだけ表明する。

可 :日記を抜けると言ったことを謝罪して、今後は家族として仲良くしましょう、と言う。

不可:日記を抜けると言ったことを謝罪して、これまでも家族として仲良くしたかったのだけど上手く表現できなかっただけだ、と言う。

ここまでの日記の内容には、長男坊に親しんでくれそうな雰囲気はまったく感じられなかったんですが、海晴姉さんはあの日記から麗の長男坊に対する親慕の情を読み取ったんでしょうかね。
ほんとに、唐突に家族の一員だから、という理由だけでデレるのはご勘弁願いたい、というのが今の正直な気持ちです。
拍手する
日記
2009年 01月 25日 (日) 21:01 | 編集
気が付いたら日記がきな臭いことになってます。
麗が連続更新じゃなくて残念と思ったのも束の間、今週1週間、裏テーマに麗がずっとあって、みんなが気にかけていろんな事例を教えてくれました。ここまでの展開からすると、麗が「実は家族たる長男坊のことを大切に思っていました」という内容の日記が書かれそうで恐怖です。これまでの麗の日記の内容からは微塵もそんな気配は感じられなかったのですが、氷柱のように牙を抜かれた獣みたいになってしまったらどうしましょう。
嫌な想像を膨らませると、下手をしたら「もう鉄道のことばかり日記に書きなぐるのはやめます」とか言いかねません。中の人がギブアップして鉄道ネタはやめたいと思っているのなら仕方ないと思うのですが、単に性格改造だけ施されるのは非常に勿体無い気がします。
月曜日の更新まで宣言されて、なんとも落ち着かない限りです。
これまでどおり鉄道マニア全開の麗でいてくれさえすれば残りは脳内で補完させていただきます、といった状況なので、変化してくれなくても困らないのですけどねえ。いい方向に傾く可能性より悪い方向に傾くリスクの方が高そうで。

うだうだ言っていても仕方がないので、みんなに迎合した後の麗との接し方でも考えておきます。
拍手する
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。