やまのゆ出版部
やまのゆ出版部です。出版情報等書いていきます。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
鉄道コレクション 南海6000系2次車
2012年 09月 09日 (日) 21:45 | 編集
さて、9月1日より一般販売の開始された南海6000系ですが、今回のプロトタイプは2次車(貫通扉窓大、正面窓大)となっています。
で、72両いるうちどれが2次車なの?という疑問に対しては公式ブログが
6003+6802+6820+6004
6005+6803+6821+6006
6007+6804+6810+6008
のステッカーを封入しています、ということで一応の答えが出ていますが、もうちょっと細かく調べたので結果を備忘に書いておきます。
なお、ネタは主に鉄道ピクトリアル1979年10月臨時増刊号南海電気鉄道特集です。
結論から言えば、2次車をメインとした編成は上記3本しかありません。

1.1次車 cM+T+Mc
 昭和37年度の6001+6801+6002が1次車。1本のみ。

2.2次車
 昭和38年度の3編成が2次車です。cM+T+Mc
6003+6802+6004
6005+6803+6006
6007+6804+6008

3.3次車以降
 昭和39年度以降の増備車が3次車以降、ということのようです。

4.新造以降の2次車の動向
①昭和41年度以降の新車はナンバープレートの地がそれまでの青から緑に変わりました。以降他車も順次緑色化、とあります。ということは、少なくともこの時期まではナンバープレートの地は青だったということになります。

②昭和43年に6911が新造され、6007+6911+6804+6008(cM+Tc+T+Mc)となりました。

③昭和44年 6820・6821が新造され、6003+6802+6820+6004、6005+6803+6821+6006(cM+T+T+Mc)となりました。中間車の年度による仕様差は特に無いようです。

④昭和45年に6911が方向転換されました。その後、この6911が6007と編成を組んでいたのか、別の中間車が挟み込まれたのかは資料からは読み取れませんでした。

⑤昭和48年に編成組み換えが行われ、6007+6804+6810+6008となりました。
6810は昭和42年に6019+6810+6020として登場し、昭和43年には6019+6912+6810+6020となっていたものです。6019の編成は昭和48年の組み換えで6019+6910+6909+6020となっていますので、T車とTc(cT)車は単純な交換ではなく、複数の編成をまたがって組み替えられたようです。

5.その他
①パッケージの写真はcM+cM+Tcに見えるので、昭和39年登場当時の6009+6010+6901のようです。翌年にはcM+Tc+Mc(6009+6901+6010(2代目))に組み替えられているので短期間しか存在しなかった編成です。貫通扉窓の位置からも分かるように、これは2次車ではありません。紛らわしいですね。

②一般に、6000系の前面側面方向幕取り付けは冷房化と同時に行われていますが、6013~6014、6029~6030、6035~6036の3編成は昭和51年~52年の複線化対策工事と同時に行われているようですので、そのうち販売が予想される方向幕付きのボディに今回の非冷房屋根、という組み合わせもあることになります。

③冷房化は平成元年までに完了、新塗装化は平成4年からの施策なので、非冷房車の新塗装は存在しないようです。

以上、自分用の調べものでした。
スポンサーサイト
拍手する
備前バス日生線
2011年 01月 05日 (水) 23:35 | 編集
いつのまにか宇野バスが寒河に行かなくなっていました。Wikipediaによると2006年のことのようですが代わりに走っている備前バス、片鉄片上~福浦峠間運行となっていて、微妙に宇野バス時代より運行区間が延びているようです。
時刻表はこちら。
今回別件で日生地区を訪れたので調査結果を掲示しておきます。

福浦峠バス停は寒河車庫(宇野バス時代の終点と思料)よりさらに東、峠を登った県境間際にありました。
片鉄片上バス停は宇野バスの片上バス停と同じ位置にあります。片上鉄道の代替バスも同じ位置から乗る事ができます。鉄道駅の跡形はありませんが、国道250号を少し西に歩くとDD13と有蓋車2両が保存してあります。

火曜・金曜は赤穂市内循環バスが福浦地区まで走るので、法光寺から福浦峠まで歩くこともできるかと思います。(国道を1km程度峠を登る)

片鉄片上発福浦峠行
平日
730福浦峠(伊里小経由)815
830福浦峠(日生病院経由)800
900寒河車庫(日生病院経由)
1035福浦峠(日生病院経由)1107
1122伊里中(穂浪橋~友延経由)
1130福浦峠(日生病院経由)1158 1221法光寺-赤穂駅1250
1225福浦峠(日生病院経由)1255
1435福浦峠(日生病院経由)1502
1530福浦峠(日生病院経由)1615
1635福浦峠(日生病院経由)1710
1745福浦峠1815
1910寒河車庫

土日祝
815福浦峠842
950福浦峠1022
1125福浦峠1155
1320福浦峠1347
1420福浦峠1447
1635福浦峠1705
1745寒河車庫

福浦峠発
平日
815備前病院(日生病院~片鉄片上~大東経由)片鉄片上850
1000片鉄片上(日生病院経由)1030
1110片鉄片上(日生病院経由)1140
1205片鉄片上(日生病院経由)1234
1405片鉄片上(日生病院経由)1435 1129赤穂駅~法光寺1158
1551片鉄片上(日生病院経由)1626 1523赤穂駅~法光寺1552
1710片鉄片上1745
土日祝
920片鉄片上948
1058片鉄片上1130
1200片鉄片上1228
1355片鉄片上1423
1455片鉄片上1523
1710片鉄片上1738

とうぜんですけど乗り継ぎなどなにも考えられてないですね
宇野バスと備前バスの乗り継ぎも事前にチェックが必要なようで。
寒河-岡山は一度乗ってみたいと思うのですが。
拍手する
阪急7000系の小窓
2010年 02月 13日 (土) 23:33 | 編集
はやたまの趣味に阪急7000系(できればHマーク時代・できれば神戸線)というものがありまして、当出版部には模型がそれなりに転がっております。エコノミーキットから作ろうとした試みは失敗におわりましたが、時間をかけてそろえた塗装済みキットが8両分作りかけで手元にあるほか、このたび発売された完成品もとりあえず入手しました。
いつも作りたくなる編成はトップナンバーなので、手元の塗装済キットも基本4両にC#7000のインレタが貼り付けた状態で数年放ってありました。このたびこのキットを完成させてやろうとキット置き場から引きずり出してきたわけですが、インレタを貼り付けた時期とは異なり、完成品が発売された上そいつも手元にもあるわけで、どうせ7000Fを手元に置くなら完成品ベースのものとしたいわけです。
同じナンバーの車両が2編成あっても仕方ないのでキットのほうは別の編成に替えることにします。

さて、ここで疑問。
小窓とHマークって両立するんでしょうか?
記憶の中では7000系は乗務員室後ろには窓がなくでかでかとHマークが張り付いています。一方で更新後の姿として紹介される阪急7000系は乗務員室後ろに小窓が開いており、新社紋になっています。さらに包帯を巻いたりしている姿は論外ですが、ネットで調べただけでは、新社紋になったのが先か小窓が開いたのが先かがわかりません。
手元の資料は78年・98年のピクトリアル特集号、80年・98年のカラーブックスに私鉄の車両阪急電鉄。
89年のピクトリアル特集号と90年のカラーブックスが手元にありません。これがあるともうちょっと調べ物も楽だったのかもしれませんが。

ウィキペディアによると85年製造の7013Fから小窓を設置となっています。これはカラーブックスの記述とも合致していますが、他の編成に小窓が設置されたのかがわかりません。実際、98年のカラーブックスには新社紋のC#7012がボルスタレス台車をはいた写真が映っていますが、ばっちり小窓のない姿になっています。

で、突破口ですが、同人誌に頼りました。
参考にしたのは「宝塚線企画」様より発行されていた『阪急絵日記』Vol.1~16。社員の方の作成された同人誌なので信用に足る資料と判断しました。
これによると94年夏号に「小窓開け工事進行中!」の記事があり、神戸線では7000~7012、21、30編成が工事対象だがまだ未施工、とあります。94年にはもう新社紋になっていたはずですから、どうやら登場時に小窓のなかった編成は新社紋切り替え時にはまだ小窓が設置されていなかったようです。
C#7021はウィキペディアによると現在も小窓未設置のようですし、C#7030も小窓未設置時代を再現したNゲージを製作された方がおられますのでどうやら登場時小窓ということで良いようです。

さて、ここまで調べて、小窓の開いた塗装済キットにC#7000とHマークのインレタを貼り付けて悦に入っているのではダメなことがわかりました。
では、神戸線8連にするためにはどの編成にすればいいでしょうか?
結局1985年以降に登場した編成なら登場時から小窓が開いていたはずだからそれでよかろうと判断し、C#7013ということにしてインレタを貼り付けました。塗装済キット付属の8連用インレタはC#7000、C#7002、C#7012、C#7014。当初はC#7014にしようかと思いましたが調べると93年当時で宝塚線所属。あきらめて7300系用に大量に含まれている「3」を末尾にしてC#7013としました。妻面のガラス形状とかは気にしていません。
ちなみに7000系8連用インレタは64-6にはC#7002のみ完成品にはC#7007、C#7009、C#7020が含まれていました。C#7020は93年の資料では6連だったようですので、そのままHマーク付き小窓ありの編成に使えるものはありません。

ここまで調べて8両インレタ貼り直すのに1日かかりました。バラ数字は体に良くないです。
あーしんど。
たいした結果ではないのですが、何かの役に立つかもしれないので掲示しておきます。
拍手する
copyright (C) やまのゆ出版部 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。